乗る飛行機の選び方

僕はよく旅行に行きます。
旅行といっても、18きっぷで地元から移動とかそういうのではなく、飛行機で一気に目的地まで行くタイプのものです。



それで乗る飛行機を選ぶ時にいろいろ悩むんですけど、この際ここに記録しておきます。(東京人目線)


あと まとめ に言いたいことが全部書いてあります。
それを見れば十分ですので目次から飛んでください


日本には主に3つのタイプの航空会社があります。


LCCMCCFSCです。


順番に説明します。



先に簡単に言っておくと、
LCC安いし狭い
MCC→ちょっと安いけどそこまで狭くない・
FSC→普通の値段(または高い)・便利
FSCは所謂JALANAなどです。


目次






LCC:ローコストキャリア


文字通り、Low Cost Careerと、安く乗客を輸送することを目的とした航空会社です。


日本(国内線)では Peach Aviation(ピーチ)Jetstar(ジェットスター) が主流ですね。



ピーチはANA資本、ジェットスターJAL資本です。(といっても完全ではありませんが)

LCCの特徴として、シートピッチが狭いことがあげられます。大体74センチです。JALANAといったFSCのエコノミークラスより5~10センチぐらい狭いです。
わかりやすく例えると通勤ラッシュの電車の椅子に座った時ぐらいの狭さです。
でもぶっちゃけ1時間とか2時間乗る分にはあまり気になりません。

乗り心地を電車で例えると新幹線の普通車のような、在来線私鉄のクロスシートのような。東海道線常磐線グリーン車よりは狭いです。

なのでまぁ、2時間以内(東京→札幌、福岡、大阪)の移動かつ安かった時にはLCCを選びます。


ただ、東京らへんでLCCを選ぶ際に一つ問題があって、


国内線は全部成田空港発着 なんです。

だから、成田空港までの交通費を考慮しなければなりません。
東京駅からだと、羽田空港の倍以上の運賃がかかります。時間はその3倍、4倍…。
横浜だったらなおさらです。結果的にMCCやFSCよりお金がかかるかもしれません。


そこで、MCCの登場です。


MCC:ミドルコストキャリア


Middle Cost Careerと、LCCほど安くはないけど、FSCほど高くもない、まさしく真ん中の航空会社です。


スターフライヤースカイマーク、AIRDOなどがあります。
シートピッチはFSCのエコノミーと同じぐらい。それはいいんです。
もっと嬉しいことがあって、
MCCは殆ど羽田空港発着 なんです。
成田空港のデメリットはさっき書きました。その逆ですね。
料金もLCCよりちょっと高いぐらいなんで、僕はMCCをチョイスすることが多いです。


参考までに、東京→大阪(関空KIX、神戸UKB、伊丹ITM)に行く際の料金を以下の図に示します。



LCC


f:id:softcipher:20181227013122j:plain


MCC


f:id:softcipher:20181227013136j:plain


FSC


f:id:softcipher:20181227013151j:plain



料金が
LCC<MCC<FCSとなっていることがわかると思います。
もちろん前後することもありますが。


FSC:フルサービスキャリア


Full Service Career
読んで字のごとくフルなサービスをしてくれます。その分高いですけど便利です。
MCCと余り変わりませんが、お金がある人は基本FSCを選ぶといいと思います
レガシーキャリアとも。いわゆるおっきな航空会社ですね。
JALとかANAとかカンタスとか…みんなが知ってるような会社です。


まとめ


乗る時間が2時間以内で安い→LCC
成田まで行くのかったるい→MCC
金に余裕があるorMCCと同じぐらいの値段→FSC


っていう選び方をしてます!




コメント

このブログの人気の投稿

はてなブログからBloggerに移行しました

ITパスポート試験に9時間で受かったので勉強法とか

高専を中退(三年次修了)する話